里山の時間のなかで感じたことを綴っています。

 

オーガニックつちの塾は、農業のやりかたを教わるところではなく、子どもも大人も自然の中でのびのび過ごすところ。

風・雨・太陽、土、生き物と関わるありがたさ、きびしさ、生き物・自然と自分の繋がりを感じる、学ぶ場です。

 


自然とは、生きるとは、生命とは、いのちを愛するとはどういうことか。

自分で感じ、考え、実践していく場。

知識・技法を身につけても、自然、いのちに自ら踏み込んで関わろうとしなければ、

楽しさも自由も感じられない。

 

 

動物の死は辛い、悲しい、感情的になると言うが、植物の死についてはどう思うだろう。

 

 

収穫したときのみんなの笑顔を見られるのが幸せ。

 

 

やったことない、みたことない、しらない、わからないは、はずかしくない、かっこわるくない。

なんでもやれるひとはいない。

 


もがいてももがいても、ままならないことばかり。それでもつかみたいものの正体を見失わないように。


 

初心を忘れないこと。

楽しく続けるにはワクワク、ドキドキ、これから頑張るぞ、というあの時の気持ちを忘れないことだと思う。


 

どんな人も便利にはかなわない。楽したいと思うのはフツ―ですよね。

でも「風呂沸かすのに40分かかるからな。だいたい4時から焚いて5時に入って、それから晩飯や」なんて聞くと、

毎日そんなこと出来ないなあ、大変やなあと思うのが半分、

もう半分は、こういうのが豊かな生活なのだろうな、ちょっと温かい気持ちになる。