オーガニック米・麦・野菜・茶… 自分でつくろう!

栽培教室、料理教室ジビエ教室 

オーガニックつちの塾   京都 宇治 

いまから、冬野菜・小麦・玉ねぎ・にんにく・ジビエ ... いろいろできます。

オーガニック栽培、ジビエ、開墾、古民家改修など、農・里山験したいひと集まれ!

9月から参加できる教室はこちら! 

【冬野菜教室】 収穫したら沢庵など、保存食づくりも実施します! 参加希望の方、急いで!

白菜、蕪、丸大根、長大根、金時ニンジン、九条ネギ、ブロッコリーetc...。根菜、葉物、菜っ葉を栽培します。

晩夏から初秋に種をまき、苗を植え、時に雪に埋もれて育った野菜のおいしさったら! クリスマスメニューにおせち料理、冬の漬物、保存食…自分が育てた野菜で作れた‼ という人が年々増えてます♪

料理教室では沢庵漬け、柚子大根といった漬物、煮込み料理やニンジン葉、大根葉のおいしい食べ方なども実施します。

【小麦教室】 

種をまいて収穫し、石臼で製粉してパン、パスタ、ピザ、お菓子など、いろいろ作る教室です。全粒粉のお好み焼きもふわふわモチモチして絶品なんですよ。製粉までの工程も古農具を使う昔ながらの手作業です。山からの天然水、風雨と太陽に育てられた小麦は、力強く深~い味がします。石臼は手動も電動もそろっているので、好みの方法で製粉できます。

【にんにく教室】

 

料理の万能食材・にんにく。収穫したての生にんにくは"幻のにんにく"と言われるぐらい手に入りにくいもの。

蒸して食べると栗のようにフワッとしていて滑らかな口どけ。刺激的な匂いも辛さもなく、とても食べやすいんです。ニンニクの芽も収穫できますよ。

ニンニク畑の広さは他の作物の半分です。手間もほとんどかからず初めての人にはおすすめ。採りたての生ニンニクのおいしさを味わって欲しいです! 乾燥しておけば年中使えるので買うより断然おいしくてお得です!

アヒージョ、カツオのたたき、ステーキソースやタレをつくったり、ニンニクは何個あっても困らない!

【たまねぎ教室】 参加希望の方、急いで!あと少しで定員です。

 

赤玉ねぎ、白玉ねぎの2種類を種から育てます。近頃は農家さんも苗から育てることが多いようです。晩夏から初秋に苗床を作って種をまき、11月頃、育った苗を畑へ移植、5月頃に収穫します(約9カ月かけて育てます)。塾ではサラダ、炒め物、揚げ物、煮物のほか、ドレッシングやソースにも使ってます。

苗床に種をまき(写真中)、苗が鉛筆の芯くらいの太さに成長したら畑に移植します。越冬に備えて苗が霜で傷まないように籾殻や藁を敷いて守ります(写真右)。

ジビエ教室

 

猪や鹿の解体補助、調理加工に参加できます。

(捕獲、止め刺しはオーガニックつちの塾の狩猟免許所持者が行います)

この体験が、生命をいただくことを考えるきっかけに、

また、山間地の生活文化を知るきっかけになればと思います。

(京都府地域力再生プロジェクト支援事業)

料理教室のメニューは燻製、カツレツ、ソーセージ、シチューなど。美味しく食べるには加工までスピーディーに行うこと。

生命をいただく一連の流れを知りたい人は全工程、料理だけ参加したい人は料理教室だけ、どちらでも構いません。捕獲の度に実施しますので、何回参加しても1回でもOKです。

【柚子教室】

 

実生(みしょう)の柚子を収穫できます。実生とは接ぎ木ではなく種から育ったもの。桃栗3年柿8年、柚子の大馬鹿18年といわれるほど、種から育てるには時間がかかります。それだけに味も香りも濃厚でキレがあります。10月頃から青い柚子、12月には塾した黄色い柚子を収穫します。

ジャム、柚子茶、柚子こしょう、ポン酢、柚子大根、柚子ピール、柚べし、柚子味噌、柚子酒と、意外に幅広く料理できますよ。料理教室でも作ります。

 【お茶 教室】

 

塾のある東笠取は、かつて茶の産地としても活気がありました。今も旧茶工場が残っています。数年間担い手をなくしていた茶畑を活用し、自家用茶を楽しむのがお茶教室です。

5~6月は新茶を摘んで煎茶を、夏以降に番茶をつくります。昨冬は冬に茶摘み・製茶する寒茶もやってみました。ひと昔前の農家がしていたように、四季の自家用茶をつくる。しかも無農薬の自然のままの茶畑。何でもないように見えるかもしれませんが、茶所と言われる宇治でも、実はとても貴重なんですよ。 

写真は今年(2016年)5月5日の収穫祭で、新茶を手摘みして釜炒り茶をつくったときの様子です。揉みこむほど香りが増し、玄関先からものすごい茶の香が漂っていました。

★ほかにもあります!次のページも見てくださいね★

手づくり 無添加  オーガニック 食品 販売中です

赤柚子こしょう  

宇治市東笠取の完熟の実生柚子、つちの塾が育てたタカノツメを使って手づくりしました。

和食だけでなくいろんな料理に合うから便利」すっごく香りがよくて上品 と、たくさんリピートしていただいてます。

冷たい素麺、かつおのたたき、冷しゃぶ、サラダ、天ぷら、フライにもおすすめ!

実生(みしょう)柚子とは、接ぎ木ではなく種から育った柚子のこと。接ぎ木で育てると生育が早いのですが、種からだと約18年もかかります。長い年月をかけて無農薬、自然のまま育った柚子は、香りも味も濃厚です。

 

100g 1500円(税込・送料別) 50g 800円(税込・送料別) 2個以上で送料無料

フレッシュバジルソース  

パンチの効いたバジルソースです!

 

ひとつあると、ピザ、パスタはもちろん、ドレッシングにも使えてとっても便利ですよ。いろんな料理のベースに使ってもらえるように、松の実やチーズは加えていません。手摘みしてすぐ加工するフレッシュなバジルの味と香りを楽しんでいただけます。

 

材料は有機種子のスイートバジル、青森六片にんにく、アンデス紅塩、エクストラバージンオリーブオイルだけの無添加・オーガニックです。

 

100g 800円(税込・送料別) 2個以上で送料無料

ジェノベーゼパスタ、ピザのほか、カレーの味付けに使ったり、好みの酢でドレッシングにアレンジしてもおいしいですよ。

一味唐辛子 

無農薬、化学肥料不使用、露地栽培のタカノツメでつくった粗粒の一味唐辛子です。完熟のタカノツメを手摘みして、何度もドライさせ、1本ずつ手作業で種を取り除いているので、歯触りがよく、タカノツメ本来の辛み、甘みを感じていただけます。

 

12g 500円(税込・送料別) 2個以上で送料無料

仕事、家事、育児の合間に。マイペースで農生活しています

スタッフがレクチャーするので、はじめてでも大丈夫。好きな日時に通えばOK!

*今通っている方は仕事、育児、ライフワークに忙しい方ばかり。

*決まった時間割はないので、好きな時に来て作業できます。

*スタッフがレクチャーするので知識・経験は気にしないで。

*まったく初めてからスタートしている人がほとんど。

*女性1人参加も多いです。もちろん、家族、グループもどうぞ! 

*収穫物で保存食づくり、保管方法も習得できます。 

*大阪、滋賀、神戸など、多方面から通ってこられています。

「忙しくて通えるか不安」「1人でできるかな」「どんな人が来てるのかな」 「収穫して食べきれる?」。。。

その気持ちわかります☆ スタッフも今参加している方もそんなこと思いながらスタートしました☺ だから、忙しくても、ひとりでも、ちょっと頑張ればできる内容にしています。 「迷ってたらもったいない!」「もっと早くやればよかった~」と、今ではそう思います。

田んぼ、畑、ジビエ。どれかやってみたいと思ったら!希望日時をご連絡のうえ見学に来てくださいね。

見学前に、ここが気になる、ということがあれば、TEL・Mail・facebookからなんでもたずねてください。

「オーガニックつちの塾」の活動趣旨

増え続ける休耕地・不耕作地と食の安全・美味しさ・健康を求める人々を農で結び、

地産地消・自産自消の食文化、自然環境を保全、再生、継承していきたい、との思いから

『オーガニックつちの塾』を設立し、活動をはじめました。

 

「オーガニックつちの塾」の目指していること

◆増え続ける不耕作地を非農家一般市民と再利用し、環境保全を行っていくこと

◆オーガニック自産自消・地産地消の普及

◆日本の伝統的な食文化の継承

 

将来は参加塾生100~150名で2ha以上の不耕作地、放置山竹林、お茶畑、柚子園を再利用。日本の伝統的な食文化を伝え継ぐこと、環境保全活動を広げていくことを目的にしています。

  

テーマは < 種から胃袋まで >

収穫した作物で旬の料理、加工品、保存食を作る料理教室も実施しています。   食育の上でも『オーガニックつちの塾』を通じて、食に関する知識と、食を選択する目を養い健全な食生活を実践できることを目指しています。

当塾は『NPO法人オーガニック土の塾』が農地法3条3項の許可を受け、農業資格を取得して活動しており、京都府宇治市東笠取に農地3526㎡を借り受けています。また、柚子畑や茶畑、竹の子畑の再利用、再活用をしています。

この事業は平和堂財団環境保全活動助成事業「夏原グラント」の助成を受けています。

http://www.natsuhara-g.com/

農・郷土食・ジビエ体験 団体参加もどうぞ!

 

【きょうと食農体験農場】(京都府農林水産部食の安心・安全推進課)登録農場です。

 

きょうと食農体験農場とは、五感をつかった食、農林水産業、農山漁村に関する学びができる農場のこと。米・野菜などの種まきや収穫など複数の農作業体験、調理・食品加工体験、行事食・郷土食、食文化など食に関する学びができることなどを条件に認定されます。 

下記サイトの紹介記事をご覧ください!

http://www.pref.kyoto.jp/shokuiku/130319.html

 

【京野菜ランド】に登録されました。

 

京野菜を「学ぶ(体験)」「食べる」「買う」の3つの体験のうち、2つ以上が実施できる京都府内の食農体験施設、直売所が登録されます。

当塾では、この3つの体験ができるということで、2016年(平成28)8月に登録されました!

 

●学ぶ

 京野菜の栽培体験、京野菜イベントによる生産者との交流、産地見学会などの実施

●食べる

 京野菜のメニューやお弁当、調理講習など

●買う

 京野菜、京野菜加工品が購入できる

 

現在、京都府内で61施設が登録されています。

http://www.pref.kyoto.jp/tisantisho/20151105.html

ブログ 今日のつちの塾

2016年

9月

20日

小さい秋。宇治の里山 笠取

続きを読む

2016年

9月

16日

バジルドレッシングでハーブ&トマトのサラダ

鈴なりのプチトマト、小さなハーブ畑のオレガノ、イタリアンパセリ、仕事帰りに立ち寄ったお店で買ってきたイタリアの生ハムのサラダ。

さて、ドレッシングはどうしよう?

 

摘んできたばかりのフレッシュなハーブを活かしたいから、フレッシュバジルのソースでつくったバジルドレッシングにしようっか♪

 

スイートバジル、ニンニク、紅塩、オリーブオイルだけのシンプルなバジルソースは、こうやって自分で好きにアレンジできるから重宝します。

 

続きを読む

2016年

8月

30日

もぎたてトマトでトマトソース

続きを読む

2016年

8月

21日

猛暑!開墾!蕎麦畑づくり

山間の棚田も気温35度超えの猛暑ですが、本日は塾の集合日。冬野菜畑、蕎麦畑の準備です。だんだん参加者が増え、区画も増え、作業も増えてきました(笑)

 

つちの塾では、蕎麦、冬野菜に限らず、どの教室も1人ひとり自分の畑を作る前に、皆で刈った草を燃やしたり整備をして、カチンコチンに固まっている土を耕し、区画割りをしていきます。

 

今日の作業で、せめて蕎麦畑の区画割りまで終えたかったのですが、暑さのせいかいつもよりグッと少人数での作業(;'∀')( ;∀;) さすがに目標達成ならず週明けに持ち越し! 

いやはや深く大きい自然に抱かれ、シンプルな方法で食べ物を作るには、しんどい作業は避けて通れない。食べるって大変だ。

さあ、秋はすぐそこ。巡る季節についていかねば! 

続きを読む